PRODUCTS

商品紹介
  • QSK-2N
  • QSK-2 ※出荷終了

紙をくるくる巻くだけの簡単ペーパークラフト

ペーパークイリング おためしキット

細長い紙をくるくる巻いてパーツを作り、その組み合わせで多様な作品が作れます。グリーティングカード等、アイデア次第でオリジナル作品が簡単に作れます

まずは、手軽にペーパークイリング!

 「ペーパークイリングってどんなもの?どうやって作るの?」

…とりあえず作ってみましょう!

簡単なパーツ作りから始められる手軽なおためしキットです。

 【セット内容】

・説明書

・クイリングバー(QB-1)

・カラーペーパー(QP-3A 3mm巾×30cm)

・アラビックボンド ツイン(AB-36B)

※「QSK-2」は、アラビックボンド ミ二ツイン(E-AB-24H)

~ペーパークイリングの基本の作り方~

① クイリングバーの溝に紙をはさみ、先端を0.5㎜ほど出して巻き始めます。

② 巻き始めの2~3巻はしっかりと巻き、その後はあまり力を入れずに、左右がぶれないように親指の爪の先を添えて巻きます。

ルーズサークルにする場合は、巻き終わりは少し巻き締めます。バーからはずして平らなところに置き、渦巻きが広がるのを待ちます。広がりが止まったら、接着剤をつけ指先で押さえて完全にくっつけます。ルーズサークルを基本に、ティアドロップやリーフなどのパーツが作れます。

タイトサークルにする場合は、紙の端を2~3㎜を残して最後まで巻いたら、接着剤を付けて指先でしっかり押さえます。接着剤が乾いたら、爪先を使ってバーからはずし、タイトサークルが平らになるようにバーの反対側で軽くトントンたたきます。

 

【クイリングの歴史】

クイリング(又はペーパーフィリグリー、コイリングともいわれています)は、15~16世紀頃、フランスやイタリアの教会の修道女が宗教的用具を美しく飾るために始めたと伝わっています。当時、紙は大変貴重でしたから、製本時に出た紙の切れ端を利用したようです。現在はアメリカ東部、イギリス、オーストラリアでホビーとして広く愛されています。

希望小売価格

1100円+消費税

※「QSK-2」は、メーカー出荷終了商品です。

品番/JANコード
  • QSK-2N
    QSK-2N 4903076056345
  • QSK-2 ※出荷終了
    QSK-2 ※出荷終了 4903076056642